お金

キャッシュレスで賢く生きる3種の神器

QRコードが大量に普及しPayPayが色んな意味でお祭りをやったり
7payが大変なことになったりしている昨今

2019年10月、消費税率も引き上げられた
それに伴い、一部の中小・小規模事業者で何かを買うときに
キャッシュレス決済をすると2-5%お得になるサービスも開始されている(2020年6月まで)

キャッシュレス決済制度の公式HP

 

一番馴染み深いところだとコンビニ

レジに表示される画面を見ていると
金額の下に「キャッシュレス還元額」というのが表示されている

 

これは国としてもキャッシュレスを推し進めたいという意志の現れ

理由としては

  • 不正なお金の流れを減らす
  • 観光客に優しい国づくり

などがあるのだろうが

不正なお金の流れを減らす > 現金で決済できるお店が亡くならない限りあんまり意味ないのでは?

観光客に優しい国づくり > paypayなどのQR決済は観光客には使いづらいのでは?

 

などと疑問はあるのだが

 

個人としては

  • 支払いが早くて楽
  • 自動で家計簿がつけられる

とどちらもありがたいメリット

さらには

  • ポイントなどで安くなる

だからよりありがたい

 

イオンのような大手スーパーや
ユニクロでもどんどん自動レジが普及していて
お金でジャラジャラ払うよりキャッシュレスのほうが断然早い

 

paypayや7pay事件、クレジットの不正利用など
キャッシュレスには少なからずリスクは伴う

さらには、まだまだ現金しか使えないお店もあり
キャッシュレスも使えるものと使えないものが入り混じっている

だったら現金に一本化したほうが楽で安全

それはそうかもしれないが

姿勢として、新しく便利なものに乗っかっていくというのは大切だと思う

 

そこで問題になってくるのはやっぱり

「色々ありすぎ、どれがお得なのさ?どれが安全なのさ?」

ということになるのだが

どれがお得 > それぞれのサービスがそれぞれのキャンペーンをうってくるので時期による
どれが安全 > 調べるのも面倒だしよくわからない

 

ということで

  • 数は増やしすぎるとそれはそれで面倒なので、どうせどれでもとりあえず現金より楽で得なんだからいいでしょ
  • セキュリティは調べてもよくわからないから大丈夫だと信じる

というスタンスでキャッシュレスをすすめた

 

どれがお得か調べる > なんかよくわからない > 面倒くさくなってくる > そのままでいいや
こうなってしまうことがおおいのではないだろうか?
これが一番もったいない

 

こんな方におすすめ

数は増やしすぎずにそこそこお得にキャッシュレス生活をしたい方

クレジットやQR決済についての基礎的なことを知りたい方

 

日頃の小さいことからまずは、変えてみる、挑戦してみる
そこから少しずつ改善していく

いきなり最良は求めない、この姿勢が大切

思考停止で現状維持するのか
ちょっと調べて改善していくのか

この積み重ねはいろいろなところで大きな差となっていく

 

楽天カード(クレジットカード)

キャッシュレスと聞いて一番に思いつくのはクレジットカードだろう

海外旅行する人にとっても必需品のクレジットカード

 

クレジットカードを選ぶ時は

カード発行会社と国際ブランドを選ぶ

カード発行会社が、楽天とかイオンとか
国際ブランドがマスターカードとかVISAとか

>>参考 クレジットカード会社のブランドと発行会社の違いを解説!カード会社一覧

 

カード発行会社を選ぶときの最低限チェックポイントが

  • 年会費

+αで

  • 保証系の色々
  • ポイント還元率

 

国際ブランドは国際シェアのことを考えると
VISAかマスター

 

ということでとりあえずもっておきたいのが

楽天カード(VISAかマスター)

 

  • 年会費は無料
  • 作るだけで5000ptもらえる
  • 通常1%のポイント還元
  • 楽天市場でのお得なポイント制度

 

まず作って損のないカードと言える

 

年会費無料

年会費2200円で楽天市場でのポイントが2%増えるゴールドカードもある
楽天市場で月1万購入すると ポイントが200円×12ヶ月=2400円になるのでこちらがお得となる

ただ街でのクレジット支払いや、楽天ブックスでの支払いは対象外なので注意

作るだけで5000pt

楽天ポイントは1ポイント1円で楽天市場や楽天ブックスなどのECサイトや、街の店で使える

5000ptのうち、3000ptはカードを利用して初めてもらえる
かつ
期間限定ポイントなので注意

 

期間限定ポイントを失わないために
楽天ポイントで、積立投資をするのもおすすめ

現金で払っていればもらえなかったものが元手なので
まさに余剰資金での資産形成となる

これについてはいずれ別記事で

 

また、もらえるのが7000ptのときもあるので、7000ptのときを狙うのもあり

 

通常1%&楽天市場で3%のポイント還元

街での利用で最低1%ポイントがかえってくる

楽天市場での利用なら最低3%ポイントかえってくる

各種期間限定キャンペーンによってもっと大きく返ってくることも多い

特に楽天市場ではポイントを上げる方法が色々ある
例えば楽天モバイル、楽天証券、楽天でんきと契約するなど

ポイントを集めるために契約を増やす必要はないが
どうせ契約するなら楽天にかためることで色々とお得になる

そんなしくみをさして「楽天経済圏でお得に生活」という言葉があるほど

 

 

無闇やたらにカード増やすのは鬱陶しいと思うので
せいぜいカードは3枚くらいで十分

その中の1枚としては楽天カードは非常に有力

後々もっとお得なカードが見つかればそれにのりかえていけばいい

 

海外旅行やECサイトでの購入に利用できるクレジットカードの最初の有力候補は
年会費無料、大きなポイント還元率、作るだけでポイントゲット、などの観点から楽天カード

 

PayPay

最近話題のQRコードサービス

とぅーん
とぅーん
そもそもQRコードコードってなんだ?

「QR」は Quick Response の頭字語であり、高速読み取りを目的の1つとしている名称である。 (Wikipedia)

 

Quick Responseの略だとは、今日知った!

早いこともさることながら
バーコードとの大きな違いは2次元なので多くの情報を格納できること

 

そしてそのQRコードコードを使ってできる決済サービスがQR決済

 

クレジットカードはサインや暗証番号で本人確認をするが
QR決済はスマホを開いている、という部分で本人確認を行っている

 

カードではなくてスマホで決済であるということ以外の
クレジットとの大きな違いは

店舗側の導入コストが低いこと

クレジットカードは導入するにあたって装置が必要だったり
そもそも各決済毎にカード会社に手数料を払わなければいけない

一方QRコードは導入するにはアプリを入れればいいのでほとんどコストが掛からない
だからこそ個人経営の小さなテンポにもどんどん普及している

PayPayは、まずは広く展開することが大切ということで
導入コストも決済手数料も0円としてどんどん利用可能店舗を拡大している

 

他に主力のQR決済サービスとしては
LINEPayや楽天Payなどがある

LINEPayはJCBと提携することで利用可能店舗を確保している
楽天PayもEdyなどでもともと築き上げていた店舗などで利用可能店舗を確保している

 

こうみるとやはりPayPayは1から築き上げるので頑張って拡大せざるを得ない
だからこそいろんなお得なキャンペーンをうってきている

個人経営のような小さい店舗への導入率では圧倒的だろう
ケバブの屋台とかでも使えたりするからすごい
ラーメン店でも使える確率が一番高いのはPayPayだろう

 

還元率としては
2019.11.8時点で残高払いかYahoo!カード連携払いで1.5%

Yahoo!カード連携ではYahoo!カードの1.0%もついて合計2.5%返ってくる

今はやっていないが20回に1回、最大1000円あたる
というようなPayPayチャンスというものもあり、それを含めると還元率はより高くなる

 

大人数で居酒屋などにいっての支払いでも有効なのが
QR決済サービス

簡単に送金ができるのも他の決済サービスにはない大きなメリット

 

友人同士での飲み会などでは「LINEPayで送ってくれればいいよ」
と言われることも多い
LINEはもともと相手の連絡先が紐付いているので送金が一番楽

ということで自分は
PayPayとLINEPayを主に使っている

 

群雄割拠のQR決済は、各会社がお得なサービスを色々だしてくるが
色々ありすぎて面倒にならない範囲でとりいれていきたい

お得になりやすく、送金もできるのがQR決済
とりあえずPayPay使っておけば及第点のお得度は確保できる

 

ビューカード (or mobile Suica)

海外利用&ECサイト利用用のクレジットカード
通常払、送金用のQR決済と来て

3つ目が
オートチャージ機能付きSuicaのビューカード

Suicaとしても使えるしクレジットカードとしても使える

 

電車やバスに乗るときに必ず使うSuica

これで改札に

「ダメーーー、お金足りてないよーーー、チャージしてねーーーー」

と言われた経験
誰しもあるはず

朝のラッシュの時間とかだと後ろが一気につっかえるし
友人といるときも待たせることになる

なにひとついいことがない

そんな状況を打開してくれるのが
ビューカード

ビューカードには何種類かあるので詳しくはビューカード公式サイトを見てもらうのが良いが

自分は年会費無料の「ビックカメラSuicaカード」を使っている
理由は年会費無料(年に1回使うと無料)だから

ただ、これだと定期券をつけられない

定期券をつけたい人には例えば
「ビュー・スイカカード」

年会費は524円と書いてあるが
ご利用代金明細書をWebにすれば600円分のポイントが返ってくるので実質無料

 

1枚目のクレジットカードをマスターでもっているならこちらをVISAとかJCBとかにしておくと、いざというときのためにもなる
※クレジットの還元率は0.5%と低いので普段遣いには向かない

※オートチャージでポイントを貯めるにはJREポイントWebサイトでの登録が必要

 

本当はビューカードも持ち歩かずにmobileSuicaにしたのだが
悲しいことに自分のiPhoneはiPhone6sなので使えない
mobiliSuicaが使えるのはiPhone7以降

オートチャージ機能つきSuicaのビューカードで楽々生活

 

まとめ

  • 海外利用、ECサイト利用用のクレジットカードとして楽天カード
  • 通常払いの還元率でPayPay(送金とかはLINEPayのがやりやすい)
  • 交通でわずらわされないようにビューカード

 

基本的には手帳型のスマホケースに
ビューカードとクレジットカード1枚ずついれておけば
大体の支払いは完結します

 

キャッシュレスにして、生活コスト(時間とお金)を減らしてみてはいかがでしょうか?

 

ここまで読んでいただきありがとうございました