お金

iDeCoはやるしかない

iDeCo(individual Defined Contribution plan)=イデコ=個人型確定拠出年金

 

って何?

 

と詳しいことはこちらにのってるが

簡潔にまとめてみる

www.ideco-koushiki.jp

 

まず結論としては

 

今すぐ

 

やりましょう!

てこと

 

めちゃくちゃざっくりいえば

20歳以上60歳未満のすべての人が任意で加入できる

個人で積み立てる年金

積み立て方は、預金・保険・投資信託などなんでもおk

デメリットが、60歳になるまでひきだせないこと

メリットは節税

 

いまの年金納付者と年金受給者が違う仕組みは

少子高齢化社会で、厳しくなってくるので

節税してあげるから個人で積み立ててね!

ていう政府の方針である

 

節税

1.まず拠出した分が税額軽減の対象となる

 

もし所得として受け取って、運用した場合

所得として受け取る際に 所得税(10%)、住民税(10%)

税金がとられる

 

例えば 月1万 拠出した場合は

年間2.4万円の節税効果がある

 

2.運用益が非課税になる

通常は金融商品を運用すると

運用益に課税(20%程度)されるが

iDeCoではそれがされない

 

3.年金受給の際に控除

これは自分で運用した場合は

売却手数料以外はかからないかな

メリットとしては大したことない

メインは1と2

 

これで、どうせ老後用に積み立てるなら

iDeCoやらない手はないことがわかるはず

 

拠出額上限(加入条件)

いくらでも拠出できるわけではなく

自営業者、会社員、公務員、専業主婦でそれぞれ異なり

会社員でも、その会社がどのような年金制度になっているかによって異なる

これに関しては最初のリンクを見てもらうのがいいだろう

 

企業型確定拠出年金に加入している企業の場合

個人型に加入できる場合とできない場合がある

 

最低拠出額が月々5000円

その他

・始め方

加入条件を確認した上でiDeCo用の口座を開設してはじめる

 

・受け取り方

60歳以上になると、一括あるいは分割でうけとることができる

 

・企業型確定拠出年金との違い

年金とはいっているが退職金のことで

企業が負担し、企業が金融機関も選ぶ

運用商品だけ自分で選ぶ

 

まとめ

いますぐiDeCoをはじめよう