お金

つみたてNISAと確定拠出年金、(通常)NISAの比較

つみたてNISAとは

 

投資をして利益をあげても

 

その所得に税金(通常約20%かかる)がかからないサービス

 

似たようなサービスである

(通常)NISAと確定拠出年金との違いを説明する

 

結論としては

生活資金を蓄えるために

つみたてNISA使ったほうがいいよ

ということ

 

 

 

(通常)NISAと、つみたてNISAの違い

「そもそもNISAとはなにか?」

 

 イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。(金融庁ホームページ https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html )

だそうだ

まあこんなことはどうでもいいのだが

 

2014年にNISAははじまって、2018年からつみたてNISAがスタートした

 

(通常)NISA

  • 対象商品

→2014~2023年の間にNISA口座で購入した株式や投資信託

  • 非課税期間は5年

※ロールオーバーという仕組みを使うと最長10年

 これについての説明は省略

  • 年間投資上限額は120万円

 

つみたてNISA

  • 対象商品

→2018~2037年の間につみたてNISA口座で購入した投資信託・ETF

※選べる商品に限りがある

  • 非課税期間は20年
  • 年間投資上限額は40万円

 

ということで

(通常)NISAと比べたつみたてNISAの特徴は

1.年間投資上限額が40万円(1/3)

2.非課税期間が20年(4倍)

3.対象商品がつみたて、かつ、選ばれたものに限られる

4.2037まで利用できる

 

の4点

特に最初の3つが重要

 

年間に使える額が少ない、対象商品に限りがある、という欠点はあるものの

投資は長期でもつことによって利益を増やすのが基本

ということを考えると、つみたてNISAのほうが

多くの人にとっては使いやすい

 

そもそも2019.4現在、NISAはあと4年しか期間がないので

480万までしか運用できないのに対し

つみたてNISAなら毎年40万投資すると

12年で480万いく

 

2037までまだ17年もあるので

投資額としては積立のほうが多くなる

さらに非課税期間も長い

これらを考えるとつみたてNISAが良いだろう

 

 

 

※NISA口座の特徴として損益通算ができない

というデメリットがある

 

これについては知らない人はとりあえず知らなくてもいい

めちゃくちゃ大きなデメリットではない

 

そもそも損をださなければ一切関係ない 

 

 確定拠出年金とつみたてNISAの違い

 つみたてNISAの詳細は今述べて

確定拠出年金については

 

gotham7.hatenablog.com

 

こちらで触れているので

ここでは違いだけ

つみたてNISAと比べた確定拠出年金の特徴という形で書くと

 

1.確定拠出年金は60歳までひきだせない

2.60歳までずっと利用できる

3.所得控除となるので、普段支払う所得税が安くなる

4.投資信託だけでなく保険や預金も対象商品(元本保証商品がある)

5.うけとるときは退職金or年金という形でうけとり税金がかかる

6.人によって積み立てられる額が違う

 特に大きな違いは123

 

そもそもNISAとつみたてNISAは併用できないが

確定拠出年金とNISA(どちらも)は併用できる

 

そして確定拠出年金は

老後の資金をためるもので

どうせ老後に向けてお金をためたいなら

普段の所得税を減らしながら貯められるんだから

使わない手はない

ってやつ

 

そして、つみたてNISAは20~30代にとっては

確定拠出年金より短い期間でのつみたてになる

かつ、いつでもとりだせるので

老後よりも前の資金 といったイメージになる

 

 

年率4%ならいま40万つみたてたら20年後に大体倍になってる

なにもしてないのに40万の所得をえる

これがNISAじゃなければ8万税金がもっていかれるところ

もっていかれない

ということ

 

これが毎年続いていく

20年たったら非課税枠から外れていくから

ちょっとややこしいけど実際は40万✕20よりも増えるはず

 

お金の知識を正しくもって

使える制度は存分に利用して

賢くお金を増やそう!!