初めての◯◯

初めての一人暮らし、家の選び方と費用の見積もり

今から約2ヶ月前

一人暮らしを始めた

別に家は拘束厳しくないし特別出たいと思っていたわけではないけど

  • とにかく行動力アップキャンペーン、何かを変えたいキャンペーンをやっていたこと
  • 通勤が1時間40分もかかっている上に、混んでいて本すらまともに読めないときもあったこと

 

などが原因で決意
電車の時間が減る分、お金も減るし、家での家事とかの時間が増えるから
一人暮らし楽しみ~~て感じではなかった

実は大学院進学時も一人暮らしを試みていたが
途中で面倒になって諦めてしまった

今回もしようと思って調べていても
まあまあ大変だった

とぅーん
とぅーん
むにゅん

面倒だな

と思いつつも今回はやりきったので
そのときに知った方法についてご紹介!

 

こんな方におすすめ

これから初めて一人暮らしをはじめる人

という人だけ
それくらい一度やればわかることしか書いていないので
そうじゃない人は読んでも全く意味ない

家電や家具がなにもないという状況からスタートし

家電とかもそんなにいいものを揃えるのではなく
できれば安く抑えたいというスタンス

 

 

家を決めるいろんな条件

まず家を決める必要がある

  • エリア
  • 予算
  • 駅からの距離
  • 南抜きかそれ以外か
  • 広さや収納など間取り
  • バス・トイレ別かどうか
  • 独立洗面台の有無
  • 鉄筋かどうか
  • フロア
  • コンロの数
  • 築年数
  • エアコン有無
  • マンション設備

 

と決めるべき項目が多くてうんざりするがまずはここを決めないといけない
ついでにその優先順位も決める必要がある

 

エリア > 会社から30分以内、電車1本(優先度大)

都内の勤務地から30分電車1本となると、高くなりやすいがこれだけはゆずれない条件

予算 > 手取りの1/3くらい(優先度中)

最初は予算もできるだけ抑えようかと思ったのだが、家で作業することも多いし、お金はあんまり使わない人なので、家には多めにつかってもいいかなと判断(1/3というのはよくいわれる目安の1つ、正直特に意味ない気もするが)

このお金の中には、管理費や共益費とういものも当然含む
不動産屋にきいて知ったが、そもそもこの管理費共益費とういのはなんの意味もない金額らしい

家賃5万管理費1万の物件と、家賃6万があるとしても
結局それはトータル6万相当の収入がオーナーに行き
オーナーはその金額の中で管理会社に管理を依頼するお金を別途払う

だから管理費は1万かもしれないし5千円かもしれない

じゃあなぜそんなふうにわけるかというと
敷金礼金などを変えるため

家賃に伴って変わる敷金とか礼金は変わるので
家賃5万管理費1万にしておくと
敷金礼金が5万になる

そうなると初期費用がおちるので入居者を増やしやすい、という仕組みだそうだ

 

駅からの距離 > 10分以内(優先度中)

5分以内といきたかったが、ここは少し妥協してこれくらいで
あとは大通りに面していないっていうのも大事にした

南向きかそれ以外か > 南向き(優先度大)

起きて朝日を浴びたい以上、というかできれば日差しで起きたい以上
これも外せない条件

広さや収納など間取り > 6畳以上(優先度中)

正直、どれくらいの広さがいいかは全然わからなかった
内見してみても、家具とか何もおいていない状態で一瞬みても全然わからない
あんまり狭すぎなければいいだろうくらい
収納は小さいの1つあればOK

部屋の形も重要で同じ6畳でもL字型だったり、縦長(窓が狭い)とかだと狭く感じるらしい

 

バス・トイレ別かどうか > どちらでも(優先度低)

これは一人暮らしした人はほぼ揃ってみんな別がいいといっていたのだが
一緒でもいいんじゃないのかなと思っていた(結局別なので、一緒だとどんなかんじかはわからずじまい)

独立洗面台の有無 > どちらでも(優先度低)

バス・トイレ別と同じで、一人暮らしをしたことある人が、みんなあったほうがいいというやつ
これもありになってしまったので、ないとどうなるのかわからずじまい

鉄筋コンクリートかどうか > 鉄筋(優先度大)

結構Skype通話とかをすることが多いこと
10時くらいに寝ること、などを考えると音はあまり聞こえないほうがいい

ということで鉄筋はマスト

ちなみに鉄骨というのは、骨組みに鉄がはいっているというだけで、基本は木造

 

フロア > 2階以上(優先度大)

朝、家をでる便利さの都合、できるだけ低いほうがいいと思っていたが
道路に面した1階は外から丸見えのところがあり、そうなると常にかーてんをしめていなきゃいけなくなるので却下

とはいえ、2階以上でも向かいにマンションみたいなのがあれば、見えてしまうのでそこも含めて考慮が必要

1階にすると1万くらいは家賃がおちる

コンロの数 > 1(優先度低)

自炊をする人は2はないときつい!とよく言うが、自分はたまにするかなくらいだったので1でよし

築年数 > なんでも(優先度低)

古かろうがリフォームとかしてくれているのもあるし、結局は見た目次第

一個だけ、1981年以前に耐震基準が変わっていて
それ以前に建てられたものの場合耐震構造がしっかりしていない可能性があるのでそれだけは要確認

エアコン有無 > 有(優先度大)

長く住むわけでもなく、自分で買うのは嫌なのでエアコンは有

 

マンション設備 > エレベーターは必須

エレベーターは2階だろうと必須
なぜならないと家電を入れるのが大変だから

オートロックはまああったほうがいいけどどっちでも
宅配ボックスも、よくECサイトで買うからあったほうがいいけど、コンビニ受取りもできるからどっちでも

 

てなかんじで

項目 条件 優先度
エリア 勤務地から30分以内
予算 手取りの1/3
駅からの距離 10分以内
南抜きかそれ以外か
広さや収納など間取り 6畳、横長
バス・トイレ別かどうか どちらでも
独立洗面台の有無 どちらでも
鉄筋かどうか 鉄筋
フロア 2階以上
コンロの数 なんでも
築年数 なんでも
エアコン
マンション設備 エレベーター

 

家を決めて
あとはネットで軽く調べて、不動産にいって内見

(ちょっと自分は知り合いの不動産屋さんに直接話してしまった)

初引っ越しにかかる費用は家賃×3+15万

引っ越しにかかる費用は

初月(と翌月)の家賃
引っ越し業者費用

賃貸契約にかかる初期費用(敷金、礼金、火災保険、鍵交換費、クリーニング代、保証委託料、仲介手数料)
新規家具家電購入

初めての引っ越しであれば
もっていくものはあまりなくて引越し業者はいらない
でも新しく買う家電などが多い

というかんじで計算していく

賃貸契約にかかる初期費用

敷金 > 家賃と同額

退去の際に修繕に使うようのお金で、余ったら返してくれるってやつ

礼金 > 家賃と同額

とりあえずとられるお金

時々敷金礼金無料という物件もある
敷金0のかわりに、定額の修繕費を払うみたいなところもある(自分のところはそのタイプ)

火災保険 > 2年で2万程度

鍵交換費 > 1.5 – 2.5万

クリーニング代 > ばらばら(なんかやけに高いところがある印象)

保証委託料 > 家賃半月分 + 年次更新

家賃を払うという負債を抱えることで、未払い防止で保証人が必要になる
そこで親などが使えず、強制的に入らされることが多いのが保証会社

親などを保証人にできる物件ならかからない額

 

仲介手数料 > 家賃の半分

仲介手数料は、代理店の収入で、基本は家賃の半分のはずだが
それより高い所も多い

先日訴訟にもなった
1カ月分は取りすぎ 賃貸の仲介手数料、業者に返還命令

 

ということで

項目 金額
敷金 家賃×1
礼金 家賃×1
火災保険 2
鍵交換費 2
クリーニング代 1
保証委託料 家賃×0.5
仲介手数料 家賃×0.5
合計 家賃×3 + 5

 

初月や翌月の家賃がかかるのは当然として
それ以外で 家賃×3 + 5 万 くらいかかるのが1つの目安

 

家電や家具

必要なのは

  • 洗濯機
  • ドライヤー
  • 炊飯器
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • 布団
  • テーブル
  • 椅子
  • 鍋など調理器具
  • カーテン

<必要な人は必要>

  • コピー機
  • 電子ケトル
  • アイロン
  • 本棚
  • テレビ

 

ここらへんがあれば生活できる

自炊しなければ
炊飯器、冷蔵庫、電子レンジ、調理器具なしでいきることもできる
(実は自分はいまだにこの生活。。。買ったけど使ってない
ただ食費を抑えるためにはここらへんは使ったほうが良いのでそろそろ使う予定)

ミニマリストにあこがれていたりもする

【書評】『手ぶらで生きる。』しぶ|ミニマリストを知るなら読んで間違いなし 持つことはコストだ 車を持てば駐車場代と保険代と自動車税がかかる 家を持つと利子を払い続けねばならない ...

 

基本的に家電はアイリスオーヤマで揃えると安い
またすぐひっこすかもしれないし、とか言うことを考えると
家電は安いので揃えちゃえばいいと判断
(自分は常にアイリスオーヤマとどこかを比較しながら検討、アイリスオーヤマがやすいとはいえ、そうそうに壊れてしまうかどうかなどは未検証)

家族形態変われば買い換えないといけないし

そこでレンタルとか中古も考えたが
レンタルはあんまりない(あってもそんなにお得でない)
中古の冷蔵庫とか洗濯機ってやっぱりちょっと精神的に使いづらいということで諦めた

 

引っ越しを楽に、生活コストを低く、を考えると
新しい家電を買うのは嫌だったのだが、仕方なく購入

 

家電だと1例はこんなかんじ

項目 条件 金額(万)
冷蔵庫 134L, 自動霜取り 3
洗濯機 5.5L 2
電子レンジ フラット 1
炊飯器 3合 1
掃除機 コードあり 0.3
電子ケトル T-fal 0.4
ドライヤー 1.2㎥/分 0.3
合計 8

 

冷蔵庫はちいさくてよかったのだが、自動霜取りがありにするとこれくらいになってしまった
電子レンジはターンテーブルのが安いが、それはちょっといやってなるとこれくらい

コピー機も1万くらい
テレビは2-3万くらい

 

家作業が多い自分は家具はお金をかけてもいい部分だったので

椅子や机、本棚はちょっと高めのやつ
鍋やカーテンは安いの買って
布団は家からもってきた

ここは揃えようと思えば1-2万くらいでも揃えられる

てことで家具・家電を揃えるのには1033万くらい
10万はいかないけど5万ではたりないかなくらい
(そのうち洗濯機と冷蔵庫が5万を占めているが)

 

ということで

引っ越し契約で 家賃×3+5万
家具などもろもろに 10万

初任給20万だとすると
手取りが18万くらいで家賃の目安が6万

かかる費用は18+5+10=33万くらいが目安

 

 

引っ越すまでにやっておくこと

引っ越しを決めたらあとやっておくことが

  • 電気、ガス、水道、インターネットの申し込み
  • 住所変更

 

インフラ系の中でも特にやっておかないとまずいのが電気

水道はすぐ開くし
インターネットもスマホがあればいらない人がいる
ガスもなくてもなんとかなるが

電気がないとやはりどうしようもない

自分は引っ越し前日くらいに電話したせいで
3日くらい電気なし生活。。。

とぅーん
とぅーん
電気がなくても生きていけるよ!

だってまぐろだもん!!!!!

(とは当然ならず、実家に少しもどりましたとさ。。。)

 

電気が遅くなったのは東京電力以外のどこの電気にしようか調べていたから
ここらへんもまた別記事で

 

住民票も、まずはもと住んでいた場所で転出届というものをもらわないといけない
作業としてはすぐおわるのだが、引っ越したあとに戻るのは大変なので
引っ越す前に、元住んでいた場所の役所にいっておくのが吉

 

一応引っ越してから14日以内に転入届をださねばらならないとかいう期限があるが
そこまで厳格ではない

あまりに遅すぎると罰金がとられることもあるそうだ

 

まとめ

  • 家を決めるのは条件色々あるうえにすんでみないとわからないから大変
  • かかるお金は多くて家賃×3+10
  • 電気だけ早めに連絡しておく!