初めての◯◯

仮面浪人のメリット・デメリット

人生の一大イベント

大学受験

もし第一志望に落ち、第一志望じゃない大学なら受かっていた場合

取れる選択肢は3つ

  1. 受かっている大学に行く
  2. 浪人して予備校に通う
  3. 大学に行きつつ、再受験する(仮面浪人)

 

他にも、いっそ就職する
とか
海外留学1年して英語力強化しちゃう
とか
自宅で浪人する
とかあるだろうがとりあえず上3つとする

 

あと前提として
第一志望に行きたい理由は「学歴」てことにする

具体的な理由とかモチベーションとしてはめちゃくちゃ強いわけではない
こういう人がほとんどだろう

「この大学のこの教授のもとで研究したい!」という方は浪人するのがいい

 

おすすめはこんなかんじ!

 

ということで仮面浪人がおすすめできる人は一部の特殊な人

かくいう自分は早稲田に通いながら、2回仮面浪人で東大をうけて
2回とも落ちたって人(理系)

とぅーん
とぅーん
落ちたんかい!!!!

というツッコミが聞こえてきそうだが。。。

 

というわけで
「成功例!」というわけではないし
「こうすると失敗する!」というわけでもないわけだが

 

仮面浪人がむいている人、向いていない人
してみて落ちてみて思った、メリット・デメリットをご紹介!

 

結論から言えば仮面浪人は
「したきゃすればいい!」
それくらい

ただ、合格確率は当然落ちるし、楽じゃないから
そこはわかっておいたほうがいい

 

こんなかたにおすすめ

大学受験がおわり、その後どうするか迷っている人

既に仮面浪人を始めている人

2年も仮面浪人するってどういうこと!?と思った人

 

 

仮面浪人をしてもいい人の条件

まず、最初に出した図の話

 

<ポイント1 現役時間の学習時間>
受験勉強する時間が十分にあったのに、合格できなかった人は基本的にそのまま大学にいったほうがいい

受験勉強がむいていなかったということなのだから、わざわざむいていないことをもう1年やる必要はない

学歴によって採用とかで苦労することとかあるかもしれないが
そこをカバーする方法は何も学歴をあげることだけではない

 

一方、公立の高校生や、ぎりぎりまで部活をやっていた人のように
学習時間が足りなかったという方は、浪人したらいい

人生100年時代の1年は誤差
やりきれない思いを抱えながらそれ以降の人生を歩むよりは
1年くらい使ってやれることをやりきってみるといい

 

 

<ポイント2 周りに浪人生がいるか>

下記記事によると、浪人して現役よりよい大学に行ける確率は

20%

5人に1人

とぅーん
とぅーん
ポケモンの技のハイドロポンプの命中率と同じ確率で
現役以下の結果になる

<参考>大学受験の浪人生の成功率はどれくらい?浪人合格の方法も解説!

 

現役生よりも1年、受験生期間を増やしたからといって志望校に合格できる確率は低い

 

その要因の1つが、先程いった、もともと勉強時間が十分にあった人
言ってしまえば才能がなかったわけだ

別に受験勉強の才能なんてなくたっていい
この世に色々ある才能のうちの1つにすぎない

 

もう1つの要因が、周りに浪人生がいるかどうか
友達たちがほとんど大学生になり、楽しそうにしている

そんな状況で果たして浪人生を続けられるか?

「行動を変えるのは、意志の力ではなく環境の力」というのは下記記事で話したとおり

意志なんかには頼らない、自分の行動を変える7つの方法 ビジネス書をいくら読んでも行動を変えなければ意味がない よく言われることではあるし真実ではあるのだが 「やっぱりそん...

だから周りに浪人生が少ないような高校で浪人生をやるのは辛い
少なくとも、やるなら大学に進学した人たちの情報をある程度断つことは必要

 

 

これらを踏まえた上で、仮面浪人をしてもいい人はどんな人か

 

まず<ポイント1>の学習時間

受験勉強していればいい学生の期間でさえ、学習時間が取れなかった人が
大学に通いながら学習時間を確保するなんて無理

仮面浪人する人は、高校生時代にある程度の学習時間を確保できていた人

ある程度自己管理ができて、ある程度の学力も持っている

 

次に<ポイント2>の周りに浪人生がいるかどうか

予備校に通うなら、周りに浪人生がいるからやりやすいが
通わないとなると、関わる人は大学の知り合いか、高校の知り合い

こうなったときに、浪人生でい続けるのは相当つらい

なので周りに浪人生がいる環境がいい

 

仮面浪人のメリット・デメリット

なぜ仮面浪人をするのか?

「学歴はいいほうが良い
なんとなく行きたい大学はある
でも明確な理由はないし、
そのために1年捨てていいの?

そもそも受験生時代にある程度学習したし
ここからそんなに伸びるとも限らないな」

この弱いモチベーションのまま
予備校で過ごすのは辛い

 

とぅーん
とぅーん
どうも大学ってのはわからん

じゃあそのわからんまま、受験勉強するんじゃなくて
大学ってどんなところなんだろう?というのを体験してから決めればいいんじゃね?

そんなスタンスの人にむいているのが仮面浪人

 

わからんのならやってみる→その上で改善していく
みたいなかんじでいかにも今風だ!

 

最初にいったように
そもそも、ある程度勉強して落ちたなら、「受験勉強」というものはそこで一区切りして大学生活はじめちゃうのがいい

大学なんてどこいってもそんなに変わらないし

学歴、そしてその先の就職
めがけて仮面浪人なんていう苦行やり遂げられるなら
自分の強みを伸ばすとか、他に就活に向けてやれることがある

学歴フィルターを乗り超える方法は何も
1年の浪人生活だけじゃない

 

そんなこと頭ではわかってる

でも、、、

という人がやるのが仮面浪人

ただ、この「でも、、、」だけでやっていたらまず受からない

というか途中でやめる

 

とぅーん
とぅーん
仮面浪人をやりきれる人は変態かドM

例えば自分は試験が好きだったし、受験勉強がちょっとしたゲームで楽しいと思っていた
かつ、お酒嫌いで、サークルとかも入りたいと全然思わなかった

そこらへんの時間の使い方はまた後半で!

 

その前に
やるからには、メリットとデメリットはしっかり認識しておこう

仮面浪人のメリット

  1. 落ちても、現役就職という道が残る
  2. 大学ってどういうところなんだろう?を体感しながら浪人できる
  3. 理系で私立4年より、私立2年+国立4年のほうが学費が安い

メリットはわかりやすい

1の「落ちても現役就職が残る」ってのは多くの人が選ぶ理由
浪人したら、最悪全落ちということもなくはない

 

2は自分が、予備校浪人ではなくて、仮面浪人を選んだ理由

大学ってよくわからないな、という中で
そのまま浪人するより、それを知っていくことで
大学生活のイメージが付いてくる

イメージというか実際に大学生なんだけど?という話ではあるのだが笑

とぅーん
とぅーん
私立の大学ってのがどんなものか知りつつ

馬場のラーメンを食べつくしてやろう!

実際50軒以上いきまいたね笑

ただ、忘れてはいけないのが
成功した時は、その1年の予習も生かして、大学生活をはじめられるが
失敗すると、予習と思っていたら、本番始まってた!となるということ

 

例えば、仮面浪人のためにサークルに入らないとなると
失敗したら2年目からはいることになる
ちょっと抵抗がある

そしてなんといっても
一番遊べる、大学1年生が既に終わっている

そんな問題がある

 

3は理系の場合に親を説得するのに使える

仮面浪人しながら予備校行くとかなるとまたややこしくはなるが
理系の場合、私立から国立に行くと学費が半分以下になるというのは大きい

コストでいうと
予備校:85万
私立文系:120万
私立理系:170万
国立共通:80万
※私立は早稲田の値を利用、入学金込

私立で1年仮面浪人して、国立にうかると、
学生生活が5年になるのに、そのほうが学費が安い!

理系私立生であれば
これを武器に多少、親に資金面の援助を頼むことができるかもしれない

仮面浪人のデメリット

  1. 大学生1年目を多少なりとも犠牲にする
  2. 浪人より学習時間の確保が難しい

メリットのほうでふれてしまったが
デメリット1つ目は大学生1年目を犠牲にすること

成功すればいいのだが
落ちた場合に、ちゃんとした大学生生活が2年生からということになる

 

2も当然のデメリット
大学生生活として遊びの時間を削って、学習時間を捻出したとしても

受験勉強だけをしていればいい浪人生には敵わない

 

ただ、中には、浪人生、という環境に身をおいて

何なんだろう、この期間

と思いながらよりも
仮面浪人しながらのほうが、モチベーションが高く保ている人もいるだろう

おちても大丈夫、という余裕も
結果的に怠慢になってしまう人もいれば
だからこそ、焦らず落ち着いて、全力で取り組める人もいる

 

自分は後者だったので仮面浪人のほうが向いていた

仮面浪人での時間の作り方

大学内でも話せる友人を持つ

最初にいったように環境が何より大切

仮面浪人だからといって孤独になる必要はない

 

むしろ、話せる人がいないときつい
多くはなくていい

 

大学で単位をとるというのは(残念ながら?)情報戦
いかに過去問や、過去レポートを集めるか

そしてそれらの情報を効率的に処理できるかどうか
なので、情報を貰えるようにしておくのは必要

 

大学の学習内容に取り組む時間が他の人より少ないのだから
情報収集の重要度はより高まる

そのための仲間がいたほうがいい
というかいないとやっていけない

 

そして、そんな友人に、仮面浪人のことは打ち明けておこう!
そしたら協力してくれる

協力者を集める!
一人では無理!

 

落ちたときの言うのが恥ずかしいから言いたくない?

そんなくだらない見栄はさっさと捨てよう!
そのくだらない見栄を捨てただけで、既に仮面浪人をした価値があるといえる!

浪人生と密にコンタクトをとる

ここも環境に関係する話

授業とかで大学生と時間を過ごすことが多いだろうが
それだと感覚が麻痺してくる

 

だから、高校の友人とかで浪人している人たちと一緒に学習する時間をつくる

自分の高校同期は、新宿河合塾にたくさんいた
大学は馬場

しょっちゅう、彼らと近くのマックで学習したもんだ

すべての単位を取ろうとしない

仮面浪人のメリット
「おちたら、現役で就活ができる」を享受するためには

単位をとっておく必要がある

ただ、1年生の単位を全部取ろうとしてはだめ

なんでもかんでも得ようとしたらすべてを失う

 

とらないと留年、という必修単位
+ちょっと勉強すればとれそうなやつ

ここだけやっておく

それ以外は2年生以降でとる

 

多くの大学では卒業までに必要な単位は120

それを40,40,40と3年間でとり
4年生は卒業論文を書くみたいなスタイル

なので1年生で40取れなくても余裕はある
3年までに100単位くらいはとっておかないと卒業論文に着手できないとかもあるが

それを踏まえても、1年生のときに20単位もとってればどうにでもなる
1科目2単位ということが多いので
10科目

半期に5科目だ
それくらいはなんとかなるだろう!

そのためにも、全部取ろうとはしない
40単位20科目に、それぞれ10時間を使うのではなくて
20単位10科目に、20時間を使う

とると決めた単位で、出席が必要な授業はでるが
そうでないのならでない

学習時間は予め決めておく

仮面浪人で大切なのは自分との約束をしっかり守れるかどうか
自己管理ができるかどうか

そのためにあらかじめ学習時間は決めておく

個人的には朝が誰にも邪魔されないからおすすめだが
夜型の人もいうようなのでそこはひとそれぞれ

そしてその時間に遊びが入りそうになっても断らないといけない

ここで断るためにも、やはり友人には打ち明けておいたほうがいい

サークルは入らない

サークル

自分は別に入りたいとも思わなかったので微妙なところだが
やはり入らないほうが無難

サークルってなるとゆるい結びつきが多めにできてしまう

そういう人たち全員に、仮面浪人のことを打ち明けるのか?
とういとそれはやっぱりちょっと厳しい

 

そうなってくると誘いも断りづらくなる

 

そこらへん気にせず、行けるときだけ行く
とできる人は入っていい

 

自分ルールを守った上で、学習時間を守った上でなら
遊んじゃおう

そうじゃないならやめておく
環境作りには細心の注意を!

 

まとめ

さて、どうだっただろうか?

これが中々ストイックで無理だと思ったなら仮面浪人はやめたほうがいいかもしれない

自慢じゃないが
仮面浪人2年のうち、東大模試はずっとA判定(夏と秋の駿台と河合模試4×2年の8回)

それでも落ちたので笑

ただ自分は納得するまで取り組んだので後悔はない

後悔はないけどおすすめはしない、楽じゃないから笑
でもやってみたいと思うならやってみればいい!

選択は自由だ

 

大切なのは
「後悔のない選択をすること」

それは受験生生活に一区切りをつけて、新しい生活をスタートすることかもしれないし
まだもう1年!とやることかもしれない

 

成功することもあれば、失敗することもある
でも失敗=悪ではない

是非後悔のない選択をしてください!!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました