シンプルライフ

理系大学院進学のメリット、デメリット

理系大学院

なんだか、いかつい響きだが
奴らは一体なぜ大学院に進学したのか、そして進学してどうだったのか?

かくいう自分は
早稲田から大学院で東大へ

という学歴ロンダリングというやつをした

ロンダリングとは、英語で「選択する」「きれいにいする」という意味で
学部から大学院で、学歴を上げる行為を

学歴ロンダリングといったりする

東大は、学部生と大学院生で人数が同じ程度

文系の人はあまり大学院に行かないことを考えると
大学院のほうが遥かに入りやすい

 

こうして同じ大学に3回おちて、現役で卒業するという
奇妙な生命体ができあがったわけだ

仮面浪人のメリット・デメリット 人生の一大イベント 大学受験 もし第一志望に落ち、第一志望じゃない大学なら受かっていた場合 取れる選択肢は3つ...

 

 

人生100年時代は教育期間が延長する、といわれたり

企業は院卒を求めている、と言われたり、求めていない、と言われたり

大学院いってる期間はモラトリアル期間だといわれたり

理系大学院は、ブラック企業よりブラック、と言われたり

まあ色々あるわけだが

 

自分がなぜ大学院に進学したか
そして、結果的に感じたメリット・デメリットはなにか?

今回はそんなことを紹介

こんな方におすすめ

大学院に進学しようか迷っている

理系大学院生が何を考えているのか知りたい

 

大学院入学の難易度

さて、まず大学院というのはどうやって入るのか

日本では基本はペーパー試験

もう大学受験とかと同じく、ただ単に試験を受けて点数をだす

 

うけるのも研究室単位ではなく学科単位

もちろん研究室の希望は出すが
そこがだめだったら、同じ学科の第2希望の研究室にはいれる、みたいな仕組みが多い

 

アメリカとかだと
研究室単位で教授と面談して終わり
みたいなのも多いが日本はそうではないので

別に研究室訪問してなくてもテストで点数さえとれば
第一希望の研究室にはいることができてしまう

国立大学は基本
このように試験を課すが

私立大学では、推薦(試験なしで、学部での成績だけでそのまま大学院進学できる)も多い

早稲田は普通に授業でて、過去問集めて、テスト受ければ単位はとれるものがほとんど
で、普通に単位取っていれば、そのまま大学院にいける

なぜか自分が付き合っていた数少ない友人たちは
普通に単位をとることに失敗して

わざわざ大学院入試をうけていた笑

 

でも、その大学院入試も、基本的には
この推薦で行かなかった人向けなのでそんなに難しくない

 

ということで大学院進学というのは
かな~り簡単にできてしまう

大学院入試も普通のペーパーテスト

入るのは難しくない

世間的に見た大学院進学のメリット・デメリット

大学院進学のメリット

  • 2年間学生期間が延長できる
  • 専門性がつくかもしれない

よくいわれているのはここらへん

一方、デメリットは

  • 就職が2年遅れる
  • 学費が2年増える
  • 就職に不利になる会社があるかもしれない

とこんなかんじ

 

「学生期間の2年延長」
「大学院卒という経歴」

ポイントはこの2つ

学生期間が2年延長するということは
就職が遅れ、学費が増えるのでお金は減るが
勤労しなくていいので時間は増える(増えるとは限らない)

大学院での経験は
自分の成長につながることもあるが
就職では全然違う業界を選ぶとなると、不利になることもある

とこんなかんじ

これらを考慮して

実際は大して考えず

周りみんな行くし、て感じで行く

とぅーん
とぅーん
アメリカとかだと給料出るんですけどね

あとアメリカは修士ってのはあんありいなくて、学部卒か博士

ここらへんは色々と違うところです

大学院に行くと、学生期間が2年延長し、就職が2年遅れ、大学院での生活を経験することになる

実際に感じた大学院進学のメリットデメリット

メリット

自分はなぜ大学院に進学したか

もちろんみんなしてるし、ってのもある

それ以外で

  • 東大生を拝んでみたい
  • 研究してみたい

てのが大きかった

1つ目はもはや仮面浪人のときからの執念みたいなものもある

ただ、ここでちょっと意識したのは
「東大に行きたい」ではなく「東大生を拝む」だったこと

 

東大大学院でも修士学生だけとっているところもある
そういう場所のほうが入試難易度は下がるわけだが

そこにいってしまったら、学部からの東大生には会えない

なので、学部生がいるところを選んだ

入った研究室は、そこそこハードで知られているので
入ってくる子はやる気のある子が多かった

しかも彼らは、何かしら自分の専門性や趣味をもっていた

がっこのおべんきょとか、思考力とかそういうところではないところへの
アンテナが広い、あるいは、深い

これが一番印象的だった

とぅーん
とぅーん
外部から大学院で入ってきた人は、、、

 

大学入試で測られるものが全てではないが
というか一部中の一部だと思うが

学歴ロンダリングして、ワンランク上の偏差値の大学の奴らに関わってみると
面白いやつに会える確率はやっぱり上がると思う

とぅーん
とぅーん
今だともうSNSで会えちゃうな、と思うけど

今までと違うコミュニティに行ってみて手に入る出会いは、やっぱり貴重

 

そして、もう1こが「研究したい」

学部時代も実験はあるが、それはあくまで結果のわかっている実験

実験の作法を学ぶための実験

座学と教育用の実験をやったのでは、物理をやったとは到底言えない

 

学部4年生になると、結果のわかっていない実験をやりだし
ちゃんとした研究がはじまるわけだが

前半は装置の使い方を覚えて
後半は卒論があって、なので

あっという間に1年が終わってしまう

となると学部生だけでは時間が足りなかった

とぅーん
とぅーん
ガリレオみたいな、アルキメデスみたいな、エジソンみたいな、湯川秀樹みたいな

そんな発明発見の喜びを味わいたいんだ!!!

それが物理なんだ!!

 

仮説をたてて→実験して→失敗原因を突き止めて→もっかい実験
を繰り返して

なにか結果を出して、それを論文にしたり発表したり

ここまでやりたかった

 

教育熱心な先生だったので
スライドや論文も、伝わりやすさや論理の正確性をしっかり見てくれた

とぅーん
とぅーん
徹夜でスライド作ってそのまま、9時から17時までスライド直したなんてことも笑

研究室内で隣りに座っていた人が、日本語のできないインドからの留学生
似たような研究テーマだったので、そことのコミュニケーションは英語

普段学内で発表するスライドも英語で作成

海外で発表する機会はなかったが、国内で英語発表する機会までもらえた

 

大勢の大人の前で講演、という機会を就職2年目でもらえるかというと中々ないんじゃないだろうか
しかも英語でなんてのは結構レア

とぅーん
とぅーん
質疑は日本語ですけどね!

なので覚えた原稿を言うだけ

 

実験すること、それを発表すること

こういう機会をられたのは大きなメリットだった

 

発明発見の喜びは得られたかというと
ちょっとそこまではいかなかったかなー

 

デメリット

学費がかかる、というのがシンプルなデメリット

就活に不利だとかはよくわからない
とりあえず「大学院の就活はだいたい推薦」、みたいなのは嘘なので注意

大学院の専門と違うところ行こうとしても
もしその専門性を企業が求めちゃっているとそっちにもっていかれそうになるとかはあるかもしれない

営業やりたいのに、大学院だからということで研究職にまわされやすくなったり

ただ、大学院の2年でどれほどの専門性がつくのよ?
て話なので、別に大学院の専門と、就職は関係してなくていい

(逆に言えば、大学院にいっただけでは大した専門性はつかない)

大学院で学ぶのは何もその内容だけではない
楽しいと思う題材を選んだだけでいい

ある1つのテーマを研究したその成果ではなく
その姿勢、そのプロセスを伝えたり活かしたりすればいい

伝え方の問題

 

就職が2年遅れるのも大した問題じゃない
仕事の2年と研究の2年

その価値を決めるのは、自分の行動次第

 

ただ、さっきメリットのところで触れたように

新しい環境で交流を増やす
というのは何も大学院じゃないとできないことではない

研究、といっても
仮説→実験→検証
とうのは、ビジネスの世界でもやることなんで、これだって会社でもできる

仮説→実験→検証
というのは何においても通るステップなので

その題材が何がいいのか、というのは人それぞれ

 

あともう一つ

これは会社でもそうなのだが

研究室によっては規則がめっちゃ厳しく
教授の奴隷のようになってしまうところもある

そういう研究室を選ばないように注意は必要

大学院進学はメリットもデメリットもある

人それぞれ、比較するしかない

まとめ

  • 大学院はペーパーテストではいる
  • メリットは研究できる、就職ではできない経験ができる
  • デメリットは学費がかかること、就職が2年遅れること

こんなかんじです

結局は、人それぞれ何を重視するかって話にはなってしまいますが
今悩んでいる方は、是非後悔しない選択をしてください!

こんな爾なんだーと思いながら読んでくださった方
ありがとうございました!

 

ちなみに角帽は卒業式でかぶりましたけど
ちゃんと、危ないので投げないでくださいって書いてありました笑

ついでに両親も近くの講演でかぶって
ガウンも来て記念撮影してましたね笑

 

物理について語った記事

忌み嫌われる物理に光を!近代科学のはじまりの物語 大学生時代、塾講師のアルバイトをしていた 中高生は決まってこう言う 「物理がわからん、難しい、きらい」 ...

理系大学院生の就活

新卒就職活動、就活を自己分析期間として活かす ピンチはチャンス テストはピンチ 就職活動というのもテスト 人生には色々なテストが待ち構えている ...

環境こそが大切だという話

行動力をつけるための7つの戦略!意志の力には頼らない ビジネス書をいくら読んでも行動を変えなければ意味がない よく言われることではあるし真実ではあるのだが 「やっぱりそん...