どんなブログ?

とぅーん
とぅーん

この旅は弊ブログに足を運んで頂き
まことにありがとうございます

読書の魅力を伝えるべく読書ブログをはじめたとぅーんと申します

2019.7.15現在
物理系の大学院を卒業して24歳の社会人1年生です
詳しくはプロフィールをごらんください

 

ということでこれから「はじめたきっかけ」「特徴」について紹介させていただきます

 

ブログをはじめたきっかけ

ブログをはじめたきっかけはやはり1冊の本でした
その本は

『アウトプット大全』樺沢紫苑

アウトプットが大切だなんてことはわかっていました
だから自分なりに読んで終わりにはしないようにポイントを紙に書いて、できる行動はやっていくということは心がけていました

でも所詮、心がけていただけでした

『夢をかなえるゾウ』という本にこんな記述があります

「今から言うことは大事なことやから覚えときや。人間が変わろう思ても変わられへん最も大きな原因は、このことを理解していないからや。ええか?『人間は意識を変えることはできない』んやで」
「意識を変えることはできない……」
「そうや。みんな今日から頑張って変わろう思うねん。でも、どれだけ意識を変えようと思ても、変えられへんねん。人間の意志なんてめっちゃ弱いねん」

心がけていただけっていっても本当に、「重要だと思ったことを書き写して、目に見えるようにして、できることはやる」

ってしてました
でも全然弱かったんですよね

『アウトプット大全』に「SNSやブログで発信しろ」て書いてあって
ほそぼそは始めてました

でもこれも結局やった、というアリバイづくりだったんでしょうね

そしてそんな状況の中、社会人1年目に突入する2019.4.1

この区切りを利用して、「フォロワー1000人、ブログ100記事」という目標を掲げて少し本腰をいれてはじめたのがこのブログです
初めて見るとはじめる前には知らなかったことがたくさんわかってきました
ブログに関してもTwitterに関しても色々なことが知れました

アウトプットをしたら圧倒的にインプットが増えたのです

最初のブログの目的は「アウトプットすれば自分にとってプラスになる」ということでした
元々、人に何かを紹介したり教えたりするのが好きだったので、「自分のためになるから」ということに加えて「紹介文のようなものを書くのが好き」ということも大きかったかもしれないです

モチベーションはいつだって「やりたいかどうか?」「楽しそうかどうか?」です

そしてTwitterを通してたくさんの読書好きの人と話たり読書ブロガーの方の記事を読んで感じたことは

「読書」ってやっぱり素晴らしい

てことだったわけです

だからこそ「読書の魅力を伝えたい」という思いが芽生えてきました

さてここからどうしたら読書の魅力を伝えられるのか?なぜ伝えたいのか?そんなことを考えだしました

そして現時点での自分の中での答えをここに書きます

このブログの特徴

 

①小説もビジネス書も紹介する

どっちが良い悪いとかいうつもりは当然ないのですが
やはり小説とビジネス書は違うと思います
※ビジネス書は小説以外みたいなイメージでつかっています

自分はどっちの読書も大切にしています

ばさっとわければ「小説は心の栄養」、「ビジネス書は脳の栄養」ですが
小説でしか得られない学びというのはありますし
ビジネス書で語られるリアルの人生は1つの物語です

ビジネス書で読んで、やろうと思っていたことを
小説きっかけで始めることだってあると思いますし

だからこそ小説しか読まない、ビジネス書しか読まないってのはもったいないと思うです

小説メインの方がビジネス書を読むきっかけ
ビジネス書メインの方が小説読むきっかけにもなれたらうれしい

という思いをこめて両方について書きます

②読書をはじめ継続しやすくなるようにする

「読書したい、したら良さそうだ」と思っている方は結構いるみたいです

ただその時に立ちはだかるのが

「何から読めばいいの?」
「なんだか続かなそう」
「時間がないよ」
「読書ってなんか真面目、暗いイメージがある」
「読書しろってみんな言うけど結局そんなの意味あるの?」

そんな方のために

最初に読むのにオススメな本
次に読むのにおすすめな本

はじめて読む時の心構え
メリット

など読書マップみたいなものを作ろうと思ってます

ある程度、個別の本の記事ができてからやりたいので
これに関しては2019年度の目標です

⑤でお話する読書2.0の話では
読書をよりインタラクティブで効果的でポジティブで明るいものにするための1つの方法についてのお話をします!

③ビジネス書はToDoにつながりやすいようにする

いきなりですが

「あなたは行動力がありますか?」

はい、と答えたあなた

あなたにとってビジネス書や自己啓発書はほぼいらないでしょう
具体的に課題が見つかった時の解決策としてのヒントを探す読書はするかもしれませんが
それさえも人との相談と行動力でカバーしちゃうかもしれないですね

でも中々これに「はい」て答えられる人いないですよね

かく言う自分はもう本当に行動力がないです
行動を起こすトリガーが何かないと中々動き出せない

行動力がある人はすっげー人のところに会いに行って
ガンガン行動につなげちゃうのかもしれない

それが一番近道だなんてことはわかってる!

でもいいじゃないの!

本読めばスッゲー人から
とりあえず話は聞けるんだから
いつだって、何度だって

そんな中から
少しずつチャレンジしていく
そんなペースの人がいたっていいでしょう!

自分と同じように行動力がないなと思っている人
今のままじゃだめだと思っている人
何かしようかなと思っているけど何したら良いのだろうと思っている人

そんな人達と一緒に自分を変えるためにこのブログを書いていきます

行動力がないと悩んでいるのは今だけかも知れません
(というかそうありたい)

そんな今だからこそ書けることがあると思うんです

少しずつでも行動に移すために
自分がどのように行動に移したのかってのがわかりやすいように

ビジネス書は気づき3つ+ToDo3つ

という構成にしてます

実際のToDoの部分も適宜別記事にしていきます

内容全部を取り入れる必要はありません
まずは1つでもToDoにつなげられることからはじめたいです

だからこそ本の要約みたいなのはあまりなく3ポイントに絞って紹介します

④小説は感想を語る

素晴らしい作品に出会った時の感動!

あの何にも変えがたい喜び

あの感覚を是非多くの人に味わってもらいたい!

小説に関しては

あらすじよりは読んで感じたことを表現する
そういったことを重視します

適宜本文も引用はしますが後半の文からの引用は避けて
未読の方の楽しみを奪わないように配慮します

⑤読書2.0の世界を紹介する

読書は自分の本との会話である

そういう意味では一人で行うものかも知れないです

でも「読書」という体験はもっと大きな可能性があると思うんです

そして「読書」という体験をよりより大きな可能性にするツールの1つがTwitterです
詳しくは「読書×Twitter」の3大メリット

それぞれの異なる感想を共有した時の新たな発見、同じ本を好きになったもの同士の感想の共有
この体験は、読書体験を異次元に世界につれていってくれます

さらにTwitterからリアルの出会いへとつなげる「読書会」というものもあるんです

読書×Twitter×〇〇 でどんどん読書の世界は広がります
まだそのパワーを感じだしたばかりですが
これからどんどん「読書×Twitter×○○」=「読書2.0」を楽しみその楽しさを伝えていきます

 

まとめ

小説ビジネス書両方を伝え
小説は感想、ビジネス書はToDo中心にし
読書を始めたり続けるための工夫をして
読書2.0を楽しむためのブログとして

楽しく成長させていいこうと思います

 

ここまで長文になりましたが
読んで頂きありがとうございました。