シンプルライフ

健康な食事についてこれだけは知っておきたい5つの疑問を5冊の本で解決

体が最も大切な資本
やはり健康でありたい

 

健康のためのポイントといえば

  1. 食事
  2. 睡眠
  3. 運動

この3つ!

 

その中でも今回は

食事

についての5つの疑問を解決すべく
5冊の本を読んでみた

 

自分は25歳で男性、平均体重、特に病気なし
だからがっちがちの食事制限とかはするつもりはない

別にお坊さんになりたいわけでもない

正直そんなに気にしなくてもいいかなと思っている

でも最低限のことは知っておきたいなと

 

疑問は5つ

  1. 体に良い食べ物はなにか?
  2. 体に悪い食べ物はなにか?
  3. 一日何食がいいのか?
  4. 炭水化物は取らないほうがいいのか?
  5. カロリーはどれくらい気にしたほうがいいのか

 

読んだ本は
『シンプルで科学的に証明された究極の食事』津川友介
『医者が教える食事術』牧田善二
『最高のパフォーマンスを実現する超健康法』DaiGo
『「腸の力」であなたは変わる』デイビッド・パールマター
『スタンフォード式 疲れないからだ』山田知生

 

こんな方におすすめ

健康な食生活について最低限知りたい

体に良い食べ物、悪い食べ物が知りたい

 

 

とぅーん
とぅーん
ざっとまとめるととりあえずこんなかんじ

 

 

健康な食事について

なんといっても食事というと
よくわからん情報が飛び交う

いろんなダイエット方法がテレビにとりあげられては
スーパーから特定の食品が消える

しかし、ダイエットに成功する人は現れない

 

食事に限らず健康というのは本当に何を信じたらいいのかよくわからない

例えば「朝食は食べたほうがいいのか?」

小学生の時などはさんざん「食べなさい」と言われたのに
食べない方がいいとかいう情報がある

 

健康の情報に怪しいものが多い、理由はいくつかあるのだろう

本当に健康についてはわかっていないことが多い

長期的に調べなければいけなく、研究が難しい

商業が関係してる

 

情報を受け取る側としても

・効果がすぐには実感できない

・おいしいものが脂肪と糖分でできている

などの理由もあり、何をどの程度やったらいいのだろう、となる

例えば今回参考にした本にはあえて入れなかったが
『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』デイブ・アスプリー

とかの内容は、そこまではやらなくてもいいかなー、となる

 

そこで!

最初に挙げた5つの質問に絞った

 

体に良いのは、野菜・魚・オリーブオイル・ナッツ

野菜

体に良いものの並びは、見てもまあそうなんだろうな

と思うようなラインナップ

野菜はとにかく良いみたい
1日350gというのが厚生労働省もだしている目標

DaiGo本によると800gくらいまで、食べれば食べるほど健康に良い

野菜ジュースでとるなら
スロージューサー、というものを使うのが特に良い


特に青魚が良い

魚に含まれるオメガ3脂肪酸というのが健康によい

オリーブオイル

オリーブオイルもGood

なんにでもオリーブオイルをかけろ!
オリーブオイルを飲め!

これくらいの勢いでおすすめしてくる

ナッツ

間食はナッツで!

植物性のタンパク質がとれ、ビタミンも豊富なナッツ類も栄養価が高い

ただ、塩が大量に振りかけられているようなお菓子として売っているナッツは
塩分が多くなってしまうので良くない

鶏肉、果物、発酵食品、コーヒー、ワイン

その他だと肉なら鶏肉が良し

果物も適切な量を生で食べるのが望ましい
果糖が含まれているので、多すぎやフルーツジュースはNG

発酵食品も良い
キムチとか

コーヒーやワインよし

小麦、加工肉、清涼飲料水、ポテチ、マーガリンはダメ

小麦

パンや麺類に含まれる小麦はあまり良くない

特にグルテンが良くない

菓子パンは最悪

加工肉

ソーセージやハム、ベーコンといった
加工肉は発がん性があってよくない

清涼飲料水

飲み物は砂糖が大量に入っている上に吸収率も高い

血糖値が急に上がる血糖値スパイクも起こすので
基本的に飲まないに越したことはない

ポテチ

ポテチはまあ悪いよね

マーガリン

国によっては厳しい規制がされているような

トランス脂肪酸が含まれている危険食品

朝食は一長一短

1日3食は
昔からあった習慣ではなく

近年できた習慣で
3食は成長期を超えた人にはちょっと多い

 

体内リズムや脳のことを食べたほうが良いが
ダイエットなどを考えるとダメないほうがいい

そんなかんじ

炭水化物は食事の50%くらい

炭水化物は、アスリートや体を鍛えたいなら
あまりとらないほうがよさそう

『疲れないからだ』はややアスリート向けの話でもあり
炭水化物は控えめ

『医者が教える食事術』はひたすら「血糖値あげるな!」て行ってくる本で
炭水化物にも否定的

小麦は先程いったようにあまりよくなくて
白米よりは玄米のほうがいい

カロリーのことはよくわからない

ダイエットするにあたって

食事の順番を変えるとか
胃を空っぽにするとか
炭水化物を極端にへらすとか

それさえすればカロリーは気にしなくていい

みたいなのがあるが

結局カロリーがすべて
という意見と、そうじゃない意見がある

 

栄養価的に
食事の基本を守りつつ食べすぎない

結局これが基本てかんじ

 

ただ、胃を空っぽにするのもいいし
食事の順番的に、炭水化物をあとにして血糖値の急上昇を抑えるのも良い

即効性、瞬発的に体重を落とすなら炭水化物抜きは有効

まとめ

  • 野菜、ナッツ、魚、オリーブオイルいっぱいとる
  • 清涼飲料水、加工肉、マーガリン、ポテチ、小麦はできるだけ控える
  • 朝食はとってもいいけど、とらなくてもいい
  • 炭水化物は極端には減らさない、小麦は避ける
  • ダイエットするならカロリーはやっぱり気にしたほうがいい

全体的にぼんやりはしているが

体に良いものと悪いものについてはかなり一致しているので
そこはかなり信憑性が高い

 

どこまで信じて何を守ればいいのかわからないような健康ですが
これだけは!というものをできるだけ守っていくのが良さそうですね

 

良いもの、悪いものに関して特に重点的に書かれているのが

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

健康と言えば睡眠

睡眠改善したい人におすすめの本はこれ!共通で書かれる7つのポイント 睡眠 その大切さは誰もが自覚しているだろう 睡眠についての本としては 『精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法...