ビジネス書

【書評】『イシューからはじめよ』安宅和人|ロジカルシンキングの基礎

バリューの高いアウトプットを出すためのロジカルシンキングとはなんなのか?

カタカナばかりで鬱陶しいが日本語にすれば

価値の高い成果を生み出すための、知的生産術とはなんなのか?

知的生産術(ロジカルシンキング)に関する本は書店に行くとよくある
そのロジカルシンキングの基礎が書いてあり、2010年から10年に渡って読まれ続けている本が

『イシューからはじめよ』安宅和人

 

ロジカル・論理と聞くと「原因と結果がうまく結びついているか?」とかに目が行きがちで

生産性の高い仕事というと、「優れたクリエイティビティを生かして画期的な解決策を提示する」、みたいなイメージをするかもしれないが

ロジカルとは必ずしも因果関係が大切なわけではないし
生産性を高める方法として、画期性の前に考えねばならない大前提がある

それが今回の本でいうところの
「イシュー」(課題)である

まず解くべき課題を明確にすることが大切
その上で解の質を高めていく

 

まず課題を明確にし、その上で、解の質を高めていく
そして最終的に誰かに伝える

その一連の過程の土台となる考え方が書いてある

 

こんな方におすすめ

ロジカルシンキングってなんなのか知りたい

時間をかけても、なかなか成果に結びつかない

 

仕事の成果=イシュー度×解の質

とぅーん
とぅーん
バリュー(価値)のある仕事とはなんですか
イシューからはじめよ
イシューからはじめよ

 僕の理解では、「バリューの本質」は2つの軸から成り立っている。
ひとつめが、「イシュー度」であり2つめが、「解の質」だ。
(中略)
「イシュー度」とは「自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ」、そして「解の質」とは「そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い」になる。

仕事の価値=イシュー度×解の質

となるわけだ

 

どちらが欠けてもいけない
ついつい「解の質」のほうに目がいってしまいがちだが

「イシュー度」=解くべき課題、の明確化こそが大切である

これが、この本のタイトルである『イシューからはじめよ』に込められたメインメッセージ

これは『ニュータイプの時代』山口周さんの
現代は「解決策が過剰で、問題が希少」と言う言葉と通じると思った

ニュータイプの時代は2019年に出版された本だが
問題設定が大切、なんてことは2010年から変わっていなかったわけである
>>【書評】『ニュータイプの時代』山口周|問題が希少で予測不能な時代での考え方

 

イシュー度と、解の質
どちらも大切であるわけだが最初に見極めるべきは解の質

解の質を高めようとするとどうしても時間がかかってしまう
一度解の質を高めてから、問そのものを変更することはできない

問を変えたからには、最初からやり直すしかない
そうすれば時間がかかってしまう

一方で、イシューの見極めは必ずしも作業量が多いわけではなく
時間がかかるものではない

だからこそ、まずはイシューを見極める

「仕事のバリュー」=「解の質」×「イシュー度」

まず高めるべきは「イシュー度」

良いイシューの見極め方

良いイシューを見極めることが大切だというのはわかった

じゃあ、そもそも良いイシューとは何なのか?
良いイシューには3つの条件がある

①本質的な選択肢である

②深い仮説がある

③答えを出せる

 

1つずつ見ていこう

<①本質的な選択肢である>

ちょっと言い換えると
「今、答えをださなければならないこと」である

「答えをだしたときに、その影響力が大きいもの」である

 

表面的に現れている減少に対して
場当たり的な解決策を考えるのではなくて
もっと深ぼった上で見えてきた課題

それこそが本質的な課題となる

 

<②深い仮説がある>

仮説を深いものにする1つ目の方法が「常識を否定すること」

2つ目が「新しい構造で説明すること」

 

「常識を否定する」はわかりやすい

地球が動いていないという直観を否定してうまれた天動説は典型的な例だ

「新しい構造で説明する」は少し分かりづらいが
今まで別物と考えられていたものの関係性や共通性を見出すということだ

イノベーションは、0から1を生み出すのではなく
新しい組み合わせを発見することだ、といわれることもある

他の人が気づいていない関係性や共通性を見出したうえで建てる仮説も深い仮説となる

 

<③答えを出せる>

今ある技術や方法で答えを出せるかどうか?

答えを出すべき問題に対して、仮説を立てる
その仮説を検証する前に考えたいのが

この「答えをだせるか」である
ただ、この答えの出し方を考えるところもポイントの1つであるので
なかなか扱いづらいポイントに感じる

 

これら3点を踏まえるとよいイシューは1%しかないと著者は言う

序章で述べたとおり、気になる問題が100あったとしても、「今、本当に答えを出すべき問題」は2、3しかない。さらに、そのなかで「今の段階で答えを出す手段がある問題」はさあらにその半数程度だ。つまり「今、本当に答えを出すべき問題であり、かつ答えを出せる問題=イシュー」は、僕らが問題だと思う対象全体の1%ほどに過ぎない。

ついでにこの記述を見て思ったのは
「答えを出す手段があるかどうか」よりはやはり
「今、答えを出すべき問題かどうか?」が大切になるということ

今、答えを出すべき問題に対して
仮説を立てる
最後に答えが出せるのかを検討する

良いイシューは「本質的な選択肢であり」「深い仮説があり」「答えを出せる」

解の質の上げ方

イシューを見極めたら次に解の質をあげる

そのステップとしては

1.イシューを分解する
2.ストーリーラインを組み立てる
3.絵コンテを作る

1.イシューを分解する

イシューそのままでは大きい場合は
それをより細かく分析していく

注意するのはもれなくだぶりなくなるように(MECEという)
意味ある分割をすること

そこで必ず必要なわけではないが
知ってると役立つことがあるのがフレームワーク

イシューを分解して、サブイシューにしたら
それぞれに対してまた仮説をたてる

 

2.ストーリーラインを組み立てる

サブイシューとそれぞれに対しての仮説ができたら
次はそれらを1つのストーリーとしてまとめる

 イシューを分解し、そのサブイシューに個々の仮説が見えれば、自分が最終的に何を言わんとするのかが明確になる。ここまでくればあと一歩だ。
イシュー分析の次のステップは、分解したイシューに基づいてストーリーラインを組み立てることだ。分解したイシューの構造と、それぞれに対する仮説的な立場を踏まえ、最終的に言いたいことをしっかり伝えるために、どのような順番でサブイシューを並べるのかを考える。

 

これは、プレゼンテーションや文章で誰かに伝えるためにも大切なのはもちろんであるが

それぞれのサブイシューが、メインのイシューに対してもっている役割を明確にするためにも役立つ

最終的なゴールを思い描いた上で
そこに必要なパーツを埋めていく

ストーリーラインはもちろん固定的なものではない
検討がすすみ、サブイシューに答えが出るたびに書き換えて磨いていくものである

進みながら、軌道修正もしつつ
できる限り早くゴールにたどり着くためにも
ストーリーラインづくりは欠かせない

著者の新刊『シン・ニホン』は

「AI時代にはいって、日本が復活する」というイシューに対して
教育、国のあり方、人材配分
などのそれぞれのサブイシューをとりあげ検討していく構成となっている

 

3.絵コンテづくり

絵コンテづくりは
図表づくりなど、ビジュアル的に人に伝えるための方法の部分

伝える内容は仮説に対する分析結果だ

では分析とはなんだろうか?

「分析とは何か」
僕の答えは「分析とは比較、すなわち比べること」というものだ。分析と言われるものに共通するのは、フェアに対象同士を比べ、その違いを見ることだ。

 

分析とは比較なのである

比較はもう少し細かく分かれる

1.比較(量の比較)
2.構成(全体と部分の比較)
3.変化(時間軸上での比較)

仮説を証明するためにはどの分析が有効であり
その分析結果を説明するためには

どんな軸を用いて、どんな形式の図表を用いるか

そこが絵コンテづくりの本質となる

解の質を高めるには「イシューを分解し」「ストーリーラインを作り」「絵コンテを作る」

『イシューからはじめよ』のまとめ

  • 仕事の価値はイシュー度×解の質で決まる
  • イシュー度をあげるには、「本質的な選択肢であるか」「深い仮説がるか」「答えが出せるか」が重要
  • 解の質をあげるには「イシューを分解し」「ストーリーラインを作り」「絵コンテを作る」

課題を設定し、仮説を作り、検証し、伝える

この一連の過程の基礎を紹介した本書

課題解決能力、ロジカルシンキングに興味がある方が
最初に読む本としてうってつけの本です

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

安宅さんの新刊『シン・ニホン』の書評記事
>>【書評】『シン・ニホン』安宅和人|AI×データの時代を生きる人材