読書2.0

成長を加速するアウトプットを意識した読書法

皆さんはどのように本を読んでいますか?

今回はアウトプットを意識して読書の効果をより大きなものにするために自分が行っているビジネス書の読書法について紹介します

※ビジネス書と自己啓発書に明確な線引きはないので
特に使い分けは気にせず、全部ビジネス書と呼んでます

こんな方におすすめ

ビジネス書読書をはじめた人

アウトプットといってもなにをすればいいかわからない人

 

方法を5つ紹介するのでどれか1つでもはじめてみると効果が実感できるとおもいます

ビジネス書を読む時の基本スタンス

そもそもビジネス書を読む時の基本スタンスとは?

自分とは境遇が違いすぎて参考にならないと思う人もいるかもしれない

確かに、参考にならない部分もあると思う
自分に合わない考え方もあると思う

だから書かれてあることを全部実践する、信じる

と意気込む必要はない

そもそも合わないなら読み切る必要すらない
もっと自分にあった本があるはずだから他を探せばいい

とぅーん
とぅーん
「買ったからにはあわなくても読みきらねばいけない。」なんて決まりはどこにもない!!

1冊から

3つ程度の気づきを得て

3つ程度の行動につながれば

もとはとれてる、というか利益がでてる
そういう感覚

3つといわず 1つでも行動につながれば
もうそれだけでも十分

全部を吸収しようというスタンスではなくて
1こでも行動が変わればそれだけで十分

極論最初の10p読んで行動が変わったら
もうその本は一旦おいてよい

たぶんいい本だからあとで続きは読むと良いと思う

ではここから具体的な方法について

 

①Kindle

とぅーん
とぅーん
Kindleで読むのオススメ!ハイライト機能がありがたい

Kindleで読むというのがめちゃくちゃ良い

Kindle端末は買わなくていい
スマホで十分
画面大きいほうが良いかなと思って買ったけど結局スマホで読んでいる
※小説を読む場合はKindle端末のほうがいいと思う

圧倒的に良いのが

“ハイライト機能”

ハイライトつけながら読むと読み終わった後に
マイノートで

ハイライトした場所だけ見れる

これで
自分にとって重要なことだけが1画面で見れる
ようになってしまう

後はこれを見ながら他のアウトプットをしていく
紙の本のときは
その場でスマホに入力したり
重要なところに付箋つけたり、マーカー引いておいて、
後でパソコンで入力してたので

Kindle使うことで この時間が大幅に減った

文字サイズ大きめにして
目線移動なしでパッと全文読める(見える)のが
読書スピードも上げるのも メリット

人に貸せないのが唯一のデメリット

Kindleと紙の本の自分なりの使い分けはこちら
電子書籍 v.s. 紙書籍

 

②ブクログ

とぅーん
とぅーん
「ブクログ」というサービスで読んだ本は管理 読んだ本を振り返ってることができる

アウトプットとは直接関係はないが
読んだ本の管理には「ブクログ」を使っている

今まで読んだ本を

本棚のように陳列されている表示形式がお気に入り

カテゴリとタグと評価で整理できてレビューも残せて良い
※昔はレビューも書いていたがいまはそれはTwitterとブログに移行して管理専用として使っている
読んだ本の冊数カウントにも使えるし
今年どんな本読んだっっけ?今月どんな本読んだっけ?とか見返してよかった本の再読につなげたりすることができる

読みたい本を登録しておくこともできる点も便利

他のサービスとしては「読書メーター」が有名だが
表示がブクログのほうが気に入っている

③Twitter

とぅーん
とぅーん
Twitterでのアウトプットは気軽に始められて効果的!人に見られているというのも良い影響

Twitterで短く紹介文を書いている

読書×Twitterは素晴らしい

くわしくは「読書×Twitter」の3大メリット

 

④Output シート

とぅーん
とぅーん
フォーマットを作ってしまうと大事なことを忘れずにできる

3つの気づき、と3つのToDoを書くためのシートを自作して

使っている
ほぼアウトプット大全に紹介されていた形式だ

f:id:gotham7:20190221000452p:plain

こういうフォーマットをつくって穴埋めみたいにするとアウトプットがしやすくなる

フォーマットを作るというのは作業を簡略化しつつやるべきことをやれるようにする工夫として有効だ!

あとはハイライト部分を見直しながら穴埋めをしていく
改めてハイライトを見直す時間が確保できてよいし

ToDoに対応したかんじでToDoを考えると考えやすい

このシートをベースにブログも書いている
なにもなしで書くよりスッキリしたかんじにまとめることができる

⑤友人に文章や口頭で紹介

とぅーん
とぅーん
すぐにフィードバックがもらえる相手にも伝えるのは有効

まとまった文章じゃなくていいので簡単なアウトプット方法
Twitterやブクログで見ず知らずの人へのレビューはやりづらいって言う人も

これくらいならやりやすいと思う
紹介しあえる相手とかいると最高

自分には読書感想を送ってきてくれる、元バイト先の後輩がいる
読書をはじめたばかりだがどんどん吸収していく様子がみれるのはとてもおもしろいし新鮮な視点を提供してくれる

まとめ

  • Kindleのハイライト機能を利用
  • ブクログで読んだ本の管理
  • Twitterで簡単アウトプット
  • Output シートで振り返りとToDo作成
  • 友人に文章や言葉で紹介

いろいろ大学生のうちに試してみていまこれが一番しっくりきてはいる

たださらに進化させていきたいとは思う

そもそも読書していない人は 1冊でも読書するところから
読書習慣が身についてきている人はアウトプットにつなげるこんな読書法を

実践してみてはどうでしょう?

ここまで読んで頂きありがとうございました