読書術

小説を読むメリットとは?ビジネス書では身につかないものがある

 

「読書はいいよ!」

という人の中でも

読書のメリットを、日常生活に役立つかどうか、と考え
小説は余り読まない人もいる

小説なんて娯楽でしょ?

 

かくいう自分も

読書始めたばかりの頃(大学入学頃)は知識系ばかり
だんだん自己啓発とかも読み出して
最近小説も読みだしたというかんじ

 

正直言って最初はただの娯楽だった

「おもしろいな~~~」
だから読む

これだけ
それでいい、基本的に楽しいがすべて

 

とぅーん
とぅーん
しかし、理論物理系で大学院まで進学してしまった自分は
ここでついつい分析してしまうのである

小説の楽しさってなんだろう?
単なる娯楽なのかな?

そもそも「”単なる”娯楽」なるものが存在するかが疑わしいが。。。

 

 

正直言って
「自分は小説が心の底から好きでずっと読んでいたい!」
というタイプの人間ではない

とぅーん
とぅーん
そもそも人間ではなくまぐろだ

 

疲れたなーと思った時に読めるのはビジネス書であって
小説じゃない

なんてったって、中高大院と
いわゆる「勉強」をしてきた自分にとっては
知識をつけることのほうが脳的に楽なんだ

 

最近はできるだけ小説を読むようにしている
これは意識的に「読もう!」としているのも理由だし、
自然に小説に手が伸びることも増えてきた

 

なのでこの記事はこんな方におすすめ!

こんな方にオススメ

ビジネス書はよく読むが小説はあまり読まない

小説が好きだがちょっと分析的にメリットを知ってみたい

 

右脳思考、左脳思考
って言葉で言えば、左脳思考の人にしっくり来る内容

自己啓発のメリットについては下記記事へ
>> 自己啓発本は無駄なのか?メリットと読み方の注意点

 

小説を読むメリット

小説のメリットを端的にまとめていたのが『インプット大全』樺沢紫苑

インプット大全については書評記事も書いた
>>【書評】『インプット大全』樺沢紫苑|インプットのことならおまかせ!

(1)本が好きになる
(2)頭が良くなる、脳が活性化する
(3)共感力がつく
(4)創造性が増す
(5)ストレス解消効果
(6)他人の人生を疑似体験できる
(7)楽しい、人生が豊かになる
(『インプット大全』樺沢紫苑)

 

シンプルにまとまっているし、概ね同意

多少かぶる点もあるが自分としては
3つのメリットを感じている

・想像力が高まる

・色々な人の思考や感情に触れられる

・知らない世界に出会える

必ずしも小説でないといけないわけではないが
活字を媒介とした小説だからこそ、という点に重きをおいてご紹介

 

※ちなみにインプット大全でも
「語彙力が増える、とか、文章力が上がる」とは書いていないように
「語彙力や文章力」が上がるかはわからない

それは読む本や読み方に依存する部分が多い

少なくとも200冊くらい小説(エンタメメイン)を読んでも
語彙力も文章力も大してあがってない

小説読書はアウトプット

ビジネス書系の読書術の本を読むと
アウトプットが大切だといわれる

ただ、小説は読むことそのものがアウトプットになる

どういうことかと言うと

小説は活字をもとに
自分の頭の中で想像していかないといけない

言葉から自分の頭の中でストーリーを展開させる
これがアウトプット

書くわけでもないし、しゃべるわけでもないし、行動するわけでもないが
想像するという活動を、脳がする

脳が行動する

 

自分のような理系脳の人、論理的な思考回路が強い人は、想像するのが苦手だったりする

想像するという脳の使い方をすることで
普段使っていない頭を使っているという感覚がして

脳が活性化する

 

知識やスキルをつける、成長するという意味では
ビジネス書、学術書は有効だが

脳を鍛えるという意味でいうと小説に利がある

言語化された思考や感情に触れられる

言語化された思考や感情に触れられる

これは映像作品と小説の決定的な違い

ということで

とぅーん
とぅーん
映像作品と比較しながら
小説の特徴について考察してみた!

 

小説原作と映像作品どっちが良いか?
みたいな議論が時々ある

どっちが良い悪いを決めることに価値はないが
両者は似ているようでか大きな違いがある

映画では感情は役者さんの演技と音楽などで示すのに対して
小説ではそれを言葉のみで表す

というのはかなり大きな違い
もちろん感情以外全てに当てはまるのだが

 

人は普段、感情を言語化したりしない

もし、映像作品の中でナレーションや役者に
思考や感情をすべて語らせていたら

すごい違和感がある

なので感情は日常生活と同じように
表情や声のトーンなどで伝える

それにうまくBGMを添える

 

一方、小説では
視覚情報や聴覚情報がなく
すべてを文字で伝える

そして思考や感情がすべて文字にされていようと違和感はない

 

「悲しい」、「楽しい」というような、いわゆる感情を表す言葉
思い浮かんだ情景
比喩
などを巧みに使い

内面での心の動きを書き起こしていったり

 

表情や態度の変化といった
外面に現れることを描写して表すこともある

 

その表現の仕方は実に多彩で細かい

感情という実体のない存在をつぶさに知ることができる
これは普段の生活ではなかなかできない

 

原作作品を読んだ後に映画を見て「物足りない」と思うことがあるとすれば
心の中の動きが十分に表現しきれていない時

というか表現しきるのは無理なんだと思う
そういう意味では、セットで読んでより楽しいという作品もある

 

 

言葉で詳細に描かれているという意味では情報量が多いのだが

感情という、言葉に出来ないはずのものを、言葉で伝えるという
無理難題をやっているので

どんなに著者が丁寧に書いたとしても
読み手の感じ方の自由度が非常に高い

 

映画で伝えられる感情が、他者の感じている感情として入ってくる
登場人物の感情:自分の感情=7:3とすると

小説で沸き起こる感情は、自分と登場人物の重なっている部分に生まれている感情
登場人物の感情:自分の感情=3:7みたいな、そんなかんじ

 

小説では、読み手の内面にないものはスルーっとながれてしまう
読み手が、受け取る皿を用意していないものは素通りしてしまう

逆にひっかかったものであれば、ずっしりと受け止めることができる
そこで一旦本を閉じて、物思いに耽るなんてこともできる

自分で緩急をつけられるというのも
映像作品との違い

 

スルーっと流れてしまいそうなところでも立ち止まっていけば
共感性もあがってくるだろうし

スルーっと流しながらでも
その自分にはあまりないような感じ方を

言語化された1つの知識として知っておくことでも
共感性があがるのな?なんてことも思う

 

知らない世界に出会える

小説で描かれる世界は実に多様だ

 

SFが描くような未知のテクノロジーが使われている世界
ファンタジーで描かれるような魔法のような幻想的な世界

 

感情のところでも話したように
文章というのは読み手の自由度が非常に高い

同じ文章を読んだとしても
思い描く世界は人それぞれ

読書が自由に世界を構築する

活字から呼び起こされる世界には無限の可能性があり
同じ作品を読んでいても、読者はそれぞれ違う世界を見ている

どれくらい鮮明に頭の中で映像化するか?
という違いも、誰かと話したりすると面白い

結構似通っていることもあれば、まるっきり違うことだってある

 

時代小説のように歴史も踏まえた世界
知らない職業の世界

についての小説では
リアルの世界の情報も知ることができる

例えば辞書づくりの世界を描いた【感想】『舟を編む』三浦しをん|文章のプロによる言葉のプロ達の青春物語や、

水墨画の世界を描いた【感想】『線は、僕を描く』砥上祐將|水墨画の世界に触れ、心の世界に触れるなど

 

辞書づくりも水墨画も
まったく知らない世界だった

プロフェッショナルとかでも知れるかもしれないが、小説でも知れる

 

ふいに手にとった1冊から
現実であれフィクションであれ

未知の世界がはじまる
その世界には自分の想像で埋める余白がたくさんある

これも小説の大きなメリット

 

 

最後に、知らない世界とはちょっと違うし、
小説に限った話ではないがが
フィクションの世界について

特にエンタメ小説の中ではすごく素敵な人たちしか出てこないような作品がある

これは虚構の理想なのか??

これに対してはダラダラ述べる気はないが

「リアルな日常の方が常識に囚われ、周りに合わせた結果うまれた虚構であり
小説で描かれているほうがそういう余計なものを削ぎ落とした真の世界」

と思っている

 

あと、もう1つ
作品の中ではよく人が死ぬ

日本は特に平和だし
色々な見たくないものを見なくていいようにできている

人間ははすぐに慣れてしまうし
生きているありがたみなんてすぐに忘れ去ってしまう

そんな中で、「死」というものを見せてくれることで、はじめて自分の「生」について考えることができる

死に限らないが、日常生活ではできれば出会いたくないような出来事
目を避けているような出来事

それを目の前にドン、と突きつけられることで
当たり前だと思っていた貴重なことに気づける

そんなこともよくある

小説のメリットまとめ

  • 小説は想像力を豊かにし、脳のトレーニングになる
  • 言語化された思考や感情に触れられる
  • 未知の世界を味わえる

別にメリットなんて考える必要もないんですけどね

あまり小説は読まないって方も
たまには小説どうでしょう?

普段から小説読む方は
小説をどういうものとしてとらえてますかね?
そんなことを考えるきっかけにでもしてもらえたら!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

これから小説(エンタメ作品)読んでみようという方には
本屋大賞作品が読みやすくて明るくておすすめ

>> 【2019年版】本屋大賞大賞作品おすすめベスト7